TOP  >  ガレぶろ(BLOG)  >  zizi  >  連載小説3  >  風に尋ねて 第4話

zizi さんの日記

 
2014
10月 19
(日)
13:47
風に尋ねて 第4話
本文
「風に尋ねて」 第四話

 そして試験が終わり部活が始まる。試験は...まあまあってとこかな。察して欲しい。で、次の雨の日。この時ボクには何となく予感があったんだ。桜井さんはあの小音楽室に居るんじゃないかって。案の定だった。今度はボクはすぐには入らずに、廊下に譜面立てを置き、自分のパートの楽譜を置いてそれを眺めるふりをしながら、しばらく廊下に立ったままでピアノの音を聴いていた。相変わらず凄く巧い。でもやはり途中で、少しささくれ立ったように感じる所があるのは変わらなかった。二曲弾き終えるまで待って、ボクは扉をそーっと(慣れてるから)開けた。彼女は入り口から中を伺うボクに気付いて、ため息混じりに言った。

「またなの」
「あ、まぁそうなんだけど」
「出てけばいいんでしょ」
「もう少し弾いてけば?」
「いいえ、結構です」

ボクはこの前のカンちゃんの歌を聴いた時の事を思い出して言った。

「あのさ、もしもここ使いたいんだったらさ、使用の許可を出しとくといいよ」

彼女は少し迷ったような素振りを見せ、逡巡した後に言葉を発した。

「え?何それ...」
「いや、あのさ、この部屋って放課後来てもよく鍵かかってるでしょ」
「…そうね」
「誰も使用の申請を出してない時は鍵がかかってる」
「そう…なの?」
「うん。誰も使わない事になってるから。それでさ、天気悪そうな時はボクたち吹奏楽部がよく事前に許可取ってる。だから鍵が開いてるんだ。だから君がピアノ弾いてる時にボクとハチ合わせしてたってワケさ」
「そうだったの…」
「だからさ、君もほら、許可申請出しちゃえばいいんだよ。先生の所に許可申請の用紙があるからさ、それ貰ってさ、ピアノ弾きたいんだったら先に使いたい日を書いて渡すんだ。そしたらその日空いてるかどうかすぐ教えてくれるよ」

「…」

彼女は少し考え込むような顔をした。初めて見る彼女の反応に...何故かボクはちょっとワクワクした。

「…バカじゃないの」

あれ…期待虚しくボクの耳に届いた言葉は屋上で聞いたのと同じだった。思わず口を尖らせて返す。

「何でさ?」
「そんなに怒んないでよ」
「別に怒ってなんかないよ、でも何でだよ」
「だってほら…私がそんな事したら、天気の悪い日あなたここで練習出来ないじゃないの」
「あ...」

ボクは予想外の答えに言葉が出てこなかった。しばらく考えてからボクは言った。

「まあ放課後空いてる部屋は他にいくつもあるし、出来なくなる事は無いよ、大丈夫」

言い終わると彼女は鞄を取り、スタスタと黙って出て行くかに見えた。が、扉の所ですれ違う時彼女は口を動かした。とても小さな声で良く聞き取れなかった。でも微かにこう聞こえた...ような気がした。

「ありがと」


ボクは個人練習中にその言葉を思い浮かべてた。やはり彼女はピアノが好きなんだ。ボクがこの部屋を使う理由は勿論ある。時々個人練習をサボってピアノを弾いてたんだ。いや触ってた、という方が正しい。この前カンちゃんのオリジナルの歌を聴いて、自分も曲を創ってみようと思い起っていた。ホルンは脇に置きっぱなしにしてピアノの鍵盤に触れる。何となく思い付いたフレーズの音を探す。

「お」

一小節分の音の並びが出て来た。ボクは慌てて空いた五線紙に低音の三連符を書き込んだ。しばらく考え込み、更に音を追記して行く。少し面白くなって来た所で先が続かなくなった。

「うーん」

考え込んでいると、パートリーダーの先輩が様子を見に来て、ボクは慌てて書きかけの楽譜を隠しホルンを構えた。先輩にここから吹いてみてと言われたがあまり復習ってなくて上手く演奏出来なかった。アドバイスを頂き、後の時間は吹奏楽部の練習に費やした。

個人練習の時間が終わり、部室に戻るとパートリーダーから小言を頂いた。

「ジジさ、ダメじゃん教えた事やっててくれないと」
「すみません、ちょっと譜読みに時間かけすぎてました」

ボクはつい言い訳をした。でも時間を費やしたのは作曲だった。あれ、良く考えると伴奏の部分しか創ってなくて主旋律が無かったな…今度はあの低音部に合わせたメロディーを創って…なんて考えてると突然。

「人の言う事聴いてんのか」

パートリーダーの言葉に思わずハッとしてシドロモドロに返事をせざるを得なかった。

「え?ええ、ハイ、スミマセン…」





そして翌朝、ボクはまず職員室に行って放課後の空室使用許可申請書を貰って来た。教室に行くと、丁度桜井さんが廊下を歩いて来た。

「おはよ」
「…おはよ」

ためらいがちにそれだけ言って通り過ぎようとする彼女に一枚の紙切れを渡した。

「これ」
「え?」
「放課後にさ、空室の使用許可取るための申請書。当日だったら昼休みまでには出しといた方がいいと思うよ」

彼女はようやくその紙切れを受け取り、しばらく眺めた後呟くように言った。

「…ありがと」

小さい声だったけど今度はちゃんと聞こえた。翌日の昼休み、ボクは屋上でカンちゃんにこの顛末を話し、曲を創り始めた事をカミングアウトした。

「でさ、その続きが思い付かなくて。カンちゃんだったらそんな時どうする?」
「あんま根詰めてもムリなんじゃね?」
「そうだよね。でもなんかこのままずっと出来ないんじゃないかって不安になったり」
「楽譜に書いてんの?」
「うん。でも四小節書くのに何度も失敗して、何枚もゴミにしちゃった」
「さすが吹奏楽部やね。オレ楽譜なんて書いた事ねぇもん」
「そうなの?カンちゃんどうすんの?」
「オレはまず…ギター持って歌うかな。やり方は人それぞれさ、ジジはそれでいいんじゃね?」
「でも…この先出来っかなー」
「あのさ、楽譜埋めんのが目的じゃねぇからさ、深く考えんなって。楽しめばいいんだよ」
「そっか」

と口で返事はしたものの、内心モヤモヤした気持ちだったけど、放課後再び吹奏楽部の練習に向かった。

 さて。今日も昨日の続きを…と思ったが今日は天気が良くてしかもパート練習の日だった。屋外で練習していると、あの小音楽室に照明が点いている事に気付いた。
『今日は使用許可貰ってピアノ弾いてんだな』
そう考えると何だか自然と口元が緩んでしまった。

「ジジ、オマエやる気あんの?」

パートリーダーが目ざとく見つけて注意される。

「ハイ!申し訳ありません!」

ボクは気合入れろと言われる前に必要以上に大声で返事し、マウスピースを口に当てた。

(閲覧:10526) |  (好きボタンポチっと数:)
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
zizi
投稿日時: 2014-10-30 21:19  更新日時: 2014-10-30 21:19
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 Re[2]: SCRAPS さんへ
SCRAPSさんども!

あああ、相変わらずお忙しそうですね、そろそろストレス発散に
ガラクタ通信でもいかがでしょうか?

文章中毒ですか、そうですね、私は周期があって、読みたいテーマが
あるとそれに関する物をガーっと読んだりして....私はネットで拾い読みした
情報にホントか?と疑問を持つ性質があり、裏を取ったりして(笑)
しばらくするとパタっと何にも読まなくなったりしています。
大学の頃なんかは文庫本持ち歩いてましたが、今でも公共交通機関を使用
する時なんかは何か持って行ってます。最近みんなスマホ弄ってる人多いですね。

ボリュームは...何となくですが、今回は一話につき原稿用紙10枚前後にしようかと。
漫画、あ、原作読んでたんですね。私全然知らなかったんですよ、クラシックをテーマ
にしたので全巻読んだのはは少し前の「のだめ」とかなり昔の「いつもポケットに
ショパン」(くらもちふさこ作、天然コケッコーの原作者ですね)依頼かな〜。
あ、映画化された「神童」もあった...あれは原作と映画結構内容違ってましたが
成海璃子ちゃんカワイかったからいいです(笑)

ああ!坂道のアポロン!そういえばここで他の方に御紹介頂いて、これ見ようと
思ってたんでした(忘れてたやろ)何と言っても九州の佐世保が舞台!
佐世保と言えばかつて鎮守府があった横須賀、呉と並ぶ海の軍都ですよ。
護衛艦の一般公開日に観に行った事あります(笑)佐世保バーガーも食いました。
く〜このバラードいいじゃないですか!

まあそんな感じで、段々書き溜めてた原稿が少なくなって来ました。
これからどうなるのか余談を許しませんがまた宜しくお願いします!
zizi
投稿日時: 2014-10-29 21:14  更新日時: 2014-10-29 21:14
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 Re[2]: kimuxさんへ
キム教授どうもありがとうございます!
そうですね、何か作用があると必ずどこかに力が及び...
今はトータルで半歩前進って所でしょうか。
今後の展開がどうなりますことやら(そんな無責任な)

それでは特別番組、九九社長&キム教授の対談です(すんません)


キム教授「りんご壱式。オークション9000万円程で落札されたそうですね」
九九社長「ああ、あれね。あれ車庫で作ってた時ボク居なかったから」
キム教授「でも凄いブランド力です」
九九社長「それよりさ、愛時計発売されたら皆に買ってって言っといて」
キム教授「あの...毎日充電って...ホントですか...」
九九社長「使い方によるんじゃね?まあいいじゃないのさ」
キム教授「...」
zizi
投稿日時: 2014-10-28 21:31  更新日時: 2014-10-28 21:31
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 Re[2]: PIYOさんへ!
PIYOさんどもども。

最近ちょっと寒くなって来ましたよね、
カゼなんかひかないようにして下さいね。
そういえば先日早朝プチ登山に行って来たんですよ。
夜明け直後に入山、まだ薄暗い山道を進んでましたら、
ガサガサっと音がして...ハッと前を見たら私の進行方向の
登山道に黒い「イノシシ」が!

一瞬目が合った...ような気がしました...
が、程なくしてあちらが山の方に去って行ってくれました。
まあ突進して来られたら華麗に身をかわすつもりでしたが...
いや無理か足が一瞬すくんでたような気が(笑)

どうでもいい話すんません...

お忙しいのにお読み頂きありがとうございます!
少しづつ話も動きだし、二人の距離感にもちょっとした変化が訪れる...
今もってクラスに馴染まず一人黙々とピアノを弾く桜井さん。
そのピアノに弾かれるジジ少年。
思わず呟いた「ありがと」のセリフ。

さて...これからの展開、あまり先の話は出来てなかったりもしますが
(マイペースながらも)頑張ります!
また宜しくお願い致します!
SCRAPS
投稿日時: 2014-10-28 14:20  更新日時: 2014-10-28 14:20
エージェント=スミス Part2
登録日: 2007-1-27
居住地: 宮崎市
投稿数: 990
 Re: 風に尋ねて 第4話
まとまった時間を取るのがなかなか難しいので、ひとまずこちらだけでも。

個人的に文章中毒的なところがあって、プライベートな時間の多くを読書に費やしてしまいがちです。放っておくとホントにひたすら読み続けてしまうので、ネットで気軽に読めるこうした小説は私のようにとにかく何か読んでしまう中毒な人間には大変ありがたいものですね。
毎度ちゃんと読ませて頂いてます。
もっとボリュームたっぷりだと嬉しいですが、小説サイトというわけでもないので我慢します(笑)

文章だけでなく漫画もかなり好きなものですから、「四月は君の嘘」も原作は愛読しておりますよ。
あの多感な思春期の感じはいいですねぇ〜。

思春期と音楽を絡めたものでしたら、「坂道のアポロン」という漫画もお勧めです。
何年か前にアニメ化もされていましたっけ。これは音楽を菅野よう子が担当しており、音楽面でもなかなかクオリティ高かったですね。
サントラ買いましたもん(笑)
秦基博が歌うエンディングのバラードも印象的な名曲でした。
http://www.youtube.com/watch?v=DaKIxVL8oWg

ジジ少年の検討を陰ながら応援してます。
kimux
投稿日時: 2014-10-28 1:12  更新日時: 2014-10-28 1:12
登録日: 2004-2-11
居住地: 地球
投稿数: 6704
 Re: 風に尋ねて 第4話
トータルで半歩前進?
PIYO
投稿日時: 2014-10-26 22:30  更新日時: 2014-10-26 22:30
長老
登録日: 2014-3-8
居住地:
投稿数: 181
 Re: 風に尋ねて 第4話
☆Ziziさん☆
第4話になって…展開の変化への分岐点みたいなのが見え始めてきた感じでもありますね〜♪
 
 桜井さんのピアノ演奏…ささくれ立った感…の変わりなさはストーリーの中ではきっと重要な気持ちの表れに感じます☆音の表現から感じとられる、そのカチカチした雰囲気の演奏がいつか………♪

 ツンツンさんの桜井さんは小さな声で「ありがと」を2回も口にされたのですもの♪…桜井さんの奏でる音と会話…
「バカじゃないの…」が桜井さんらしさ?…から…
「ありがと」が、らしさ?…

 ピアノを弾く事に集中されている桜井さんの目的?みたいな…
独りで弾き続けていて、本当は何を表現されているのかしら…
ですとか、読者の興味の変化も出始める章に思いました☆
 

 カンさんの歌や、ジジさんの作りかけの曲♪…どう結びついてくるのかですとか、イメージするのも楽しい時期にさしかかってきたんだなぁ…て思ったりしています☆

 第5話…楽しみですねぇ!!
zizi
投稿日時: 2014-10-26 4:58  更新日時: 2014-10-26 4:58
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 試しにこんな事をしてみました
小説とは関係無い話で申し訳ないのですが...
以前こちらで「Bossa For July」とのタイトルでアップしてた曲。

http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=13134&cid=10

他サイトにて「もしも横笛さんがボサノヴァを吹いたら」
とのタイトルにてアップしてみました。
横笛さんがフルート打込みで、私の妄想による仮想奏者なのはGBUCでは
認識されてると思ってますが、他の場所では勿論全くの無名です。
そこで、試しに生演奏はどのパートでしょうか?
というクイズ形式にしてアップしてみました。

http://creofuga.net/songs/47217

フルートは生演奏?みたいなコメント頂き密かに喜んでました...
(コメントして頂いている方々はそれぞれ高いクオリティの
楽曲を制作されてある方々ばかりです)
横笛さん...というかこんな音源がバンドルされてる
Garabgeband及びmacに感謝した次第です!
zizi
投稿日時: 2014-10-19 13:52  更新日時: 2014-10-19 13:54
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 「風に尋ねて」第4話あとがき
連載小説「風に尋ねて」の第四話、御覧頂き誠に
ありがとうございました。少しづつ...距離が接近するのか?
的な展開ですがどうなりますやら...

全く関係無いですが最近「のだめ」以降久々のクラシック音楽を題材に
したアニメが今クール始まりました。しかも主人公が思春期まっただ中の
中学生となっており、俄然関心が高まってまいりました。登場人物は
ヴァイオリンを弾くヒロイン(女子中学生)と、母の死というトラウマを
抱えピアノが弾けなくなった男子中学生。何とも設定が興味をそそります...

「四月は君の嘘」
http://www.kimiuso.jp


登場人物(今回はフルネーム有り)

時次 航佑 :ジジ。高校1年生。吹奏楽部所属。
桜井 陽代子 :ヒヨコ。中途半端な時期にやって来た転校生。
喜屋武 寛太 :カンちゃん。クラスメイト。ライブハウス「kanders」に出入り。
幸田 春雄 :ハル。クラスメイト。女子の情報収集に余念が無い。
紺野 眞子 :マコ。ジジ中学時代の同級生。
ゴリ先生;ホントの名前は城園 梁。クラスの担任。
貫太郎:ライブハウス「Kanders」マスター。結構年配です。
凪子:ライブハウス「Kanders」スタッフ。アラサー位?の美人です。

関連楽曲はこちらです〜(敬略称、大変申し訳ありません... )

今日は雨、後に晴れ/kankan
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=16018&cid=1

♪爽やかな心を運んで…♪/PIYO
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=16019

風に尋ねて TVsize/zizi
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=16020&cid=1

今日は雨、後に晴れ/kankan with zizipiyo
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=16057&cid=1

♪爽やかな心を運んで…♪ feat.横笛吹代/zizipiyo
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=16141&cid=9

風に尋ねて feat.さとみん**/zizi
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=16159&cid=1

Rainyday/zizipiyo
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=16182&cid=17




CM動画はこちらです↓

http://gbuc.net/modules/xootube/xootube_view.php?cid=1&lid=123

それではまた〜
アバター
«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
アクセス数
1927526 / 日記全体
最近のコメント
RSS配信
zizi さんの日記



GBUC x Google
SEARCH
   検索オプション

  
GBUCアーカイブ
PAYMENT
購読料を受け付けています。
年額2000円。


銀行振込も受け付けております。詳しくはこちら
ライブスケジュール
予定なし
iChat
iTunes Store TOP100
ASSOCIATE LINKS
ユーザーおすすめ!

LOG IN
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

MAIN MENU

NEWS

NOW ONLINE...
46 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが ガレぶろ(BLOG) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 46

もっと...

LICENSE
creative commons lisence
当サイトの作品群は、
creative commons license
の下でLicenseされています。
当サイトのデフォルトCCは
表示ー非営利ー継承
です。

Apple User Group




SPONSOR


iPhone対応サイト