TOP  >  ガレぶろ(BLOG)  >  zizi  >  連載小説2  >  Blue mirage 第24話 -最終回-

zizi さんの日記

 
2014
3月 28
(金)
22:15
Blue mirage 第24話 -最終回-
本文
Blue mirage 

第24話 -最終回-


卒業式の日。学校に行き教室に着いて友達と喋ってると、マコがこっそり話かけて来た。
 
「ね、ジジ。あの音楽室行ってみようよ」
「え…もう時間あんまり無いんじゃ…」
「だから早よ行かんと」
「そ、そうだな…」
 
そんなワケで最後にあの小音楽室を訪れる事になった。廊下を歩いてるとボクは少し切ない気持ちになって、らしくない事をマコに言ってしまった。
 
「あの部屋も懐かしいなぁ。こうここに来る事も無くなるんだな」
「何や今さら…あっ。そうや…先に行っててジジ。ちょっと忘れ物したから」
 
そう言ったが早いかマコは逆の方向に小走りに行ってしまった。自分から言っておきながらどうしたんだよと思いながらもボクは音楽室へ足を運んだ。久しぶりにその扉を開ける。鍵が掛かっていなかったのは先生方の粋な計らいなのかも知れない。中へ足を運ぶ。とたんにボクの胸には色んな記憶が蘇って来た。誰かの姿を捜したけど…そこには誰もいなかった。あのピアノはいつもの場所に微動だにせず鎮座している。ボクはそっと近づいて、蓋を開けた。最後にちょっとだけ触ってみたくなり、椅子に座ってみた。あの娘の前で一度だけ、あの曲のイントロだけ弾いた。あれからちょっと練習したし、今じゃ1コーラス位は弾ける…かもしれない。もちろん人前で弾くレベルじゃないけど。よし…ボク最後の記念に、と思ってピアノの鍵盤に指をのせ、意を決して「Let it be」を弾き始めた。
 
うわ…ダメだぁ…ミスタッチはするしテンポも一定には弾けない…アサミちゃんのようにはやっぱ無理だよ…もうすぐイントロが終わるからそこでやめよう…と思ったその時。
 
「続けて」
 
という声が右後ろから聞こえた。誰もいないと思い込んでいたボクは心底驚いたけど、鍵盤を見てないと弾けないし、振り向く事は出来なかった。でも誰だかはすぐに分かった。アサミちゃんはボクが弾くたどたどしい中低音部の伴奏に合わせて、高音部の鍵盤を上手に使ってメロディーを弾いた。それはとてもキレイで、ボクは合わせるのに一生懸命だったんだけど、アサミちゃんの方がボクにうまく合わせてくれて...ああ、もう終わっちゃう…永遠に続けば良いのにというボクの願いも儚く1コーラス分を弾き終えて、1分半程度その至極の時間は終わりを告げた。
 
「あ、アサミちゃん!びっくりしたぁ〜!」
「うふふ、びっくりした?マコちゃんから音楽室に行こうって…先に行ってるからって言われて来てみたらさ、ジジ君ピアノ弾いてるんだもの!ついつい手が出ちゃった。迷惑だったかな?」
「ううん、とんでもないよ!うまく合わせてくれてありがと。弾きにくかったでしょ?」
「そんな事なかったよ。時々同門の人と連弾する時あるけど、技術があっても弾きにくい人って居るよ。でもジジ君は全然。結構フィーリングが合うのかも」

ボクは久しぶりにアサミちゃんと二人きりになって、ちょっとぎこちなかったけど話を続けた。
 
「アサミちゃんは...ずっと音楽やってくんだよね」
「うん。そのつもりよ。ジジ君は?」
「ボクは相変わらず下手クソだからさ…練習してもちっとも巧くならないんだ。ボクなんかがやっても意味あんのかなって思ったりして…」

アサミちゃんは少し考え込むような表情をした後、応えてくれた。

「ジジ君さ...今、私とピアノ弾いててどうだった?」
「え...そうだね...うん。楽しかった。とても楽しかったよ」
「私もよ。だったら...楽しければいいんじゃないかな。難しく考えないで」
「そうか...Don't think. Feel...って映画のセリフあったよね...そうだよね」
「あ〜それ知ってる!SF映画の賢者のセリフだよね?」
「え?違うよ...古いけどカンフー映画の言葉じゃなかったっけ」

二人の話が食い違って来た時。

「それ、どちらも正解なんや」

今までどこに行ってたのかわかんないんだけどいつの間にか入り口の所に立ってたマコが入って来た。
 
「あれ?マコちゃん先に行ってるからって…居ないなって思ったんだけど」
「ボクはきっとどっかで覗いてんのかなって思ってたけどな」
「何言うてんのや、ジジがピアノ弾き出したんで逃げ出してたら、アサミちゃんのピアノが混じったんで聴けるようになって戻って来たんや」
「そりゃ悪かったな...でも今アサミちゃん弾き易かったって...」
「うん、それは本当だよ、マコちゃん」
「あははっ、ごめん、勿論冗談や。二人で弾いてんの外で聴いてたら入るに入れんかったんや...何やこう...良かったで、マジで」
「そう...なのか?」
「マコちゃん、ありがと」

なんて言ってたらチャイムが鳴って、式が始まる時間を告げた。ボクたちはまた後で、とだけしか言う暇が無くて慌てて教室へ戻った。

卒業式が始まる。式の間、ボクは今朝の事を思い出して、これからもどんな形でも良いからもっと音楽をやって行こう、と心に決めた。

そして、とうとう卒業式もつつがなく終了した。

いよいよボクはもうこの学校を卒業するんだ。一旦教室に戻り、最後のホームルームがあった。それも終わり、三年生の時も担任だった須倉先生に挨拶した時、「マコ君が今朝早く来て、小音楽室をどうしても最後に見たいから、何とか鍵開けてくれって頼まれてな。オマエも行ってたんだろ?二年生の時いつも音楽室で何やってたんだ?」って聞かれてドキっとした。そっか、マコが頼んでてくれたんだ。

教室を出て、さすがに皆名残惜しくてすぐには帰り難く、ユーイチ達と校門の所で集まって冗談言い合っていると、当然のようにマコも何となく一緒にいた。

「なあ、マコ。良く考えてみると...オマエには散々世話んなって迷惑かけたよな。本当に悪かったと思ってるし、色々ありがと。感謝してるよ」
「何やジジ〜、それだけなんか?ほら、何かもっと別に言いたいこととか渡したい物とかあるんやないか?今なら絶賛受付中やで」
「何もあるか。それにまた逢うんだし」
「ま、今日は勘弁しといたるわ。この借りは...高校に行ったら頼むで」
「そうだよな、って言うか、高校でも宜しくな」
マコとはまたしても、同じ普通のレベルの普通の高校へ行く事になってしまった。サヨナラを言う必要は無かった。


その時、ようやく見つけた。アサミちゃんがお母さんと一緒に帰る所だった。お母様はボクに気付いたのか少し頭を下げ、アサミちゃんを促した。アサミちゃんがボクに近づいて来る。いつの間にかマコは少し離れた場所で男子に取り囲まれてる。アイツ結構人気あったんだな。


ボクは少し皆と距離を置いて、アサミちゃんと面と向かった。


「ジジ君、あの時…ひどい事して本当にごめんね..」

「いいんだよ別に…ボクの方こそ...」

「ジジ君にはまだちゃんと謝ってなかったから...ちょっと心残りだったんだ」

「それはボクも同じだよ...こっちこそ傷つけるような事言っちゃってゴメンね...」

「うふふ...あの事もあの場所も...今思うと...何だか懐かしいよね...」


ボクたちは二人にしか意味がわからない思い出し笑いをした。それから、アサミちゃんは一度俯いてから少し間を置いて、顔を上げてボクの方を見て言った。


「私ね。遠い所の音高に行くんだ...サヨナラね...」

「うん、知ってるよ...頑張ってね。」

「それじゃ、ジジ君。元気でね。」

「うん…アサミちゃん、君も…」

彼女は右手を差し出した。ボクはそっと手を伸ばし、握手をしてからゆっくりと手を放した。そして、お互いにまぶしさを感じて空を見上げたその時だった。

「あっ」

二人で同時に声をあげた。その時ボク達は確かに見たんだ。空の彼方に儚く見える、青い蜃気楼を。

そしてそれは、一陣の風みたいに、消えた...



- fine -

(閲覧:8962) |  (好きボタンポチっと数:)
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
zizi
投稿日時: 2015-6-17 22:00  更新日時: 2015-6-17 22:00
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 なりさんへ!
なりさんお久しぶりです!

おおお一気読みですか、どうもありがとうございます!
中学時代ですよね、私も色々あるんですよ...
これ書いてる途中、それはそれは...
ホント今あの頃に自分に会えたなら、しこたま説教するか
頭ぶん殴るかしてやりたい場面をいくつも思い出してしまい、
何だか悶々とした事が何度もありました(笑)

今回の役はまあアレです。短い場面でしたがジジ少年の心に影響を与える
シーンを作り出す重要な場面でした。どうもありがとうございました!

今は「風に尋ねて」執筆中(遅いですが...)です〜
今後とも宜しくお願い申し上げます!
なり
投稿日時: 2015-6-16 23:21  更新日時: 2015-6-17 4:52
ケンシロウ
登録日: 2006-5-4
居住地: チューリップ畑
投稿数: 572
 Re: Blue mirage 第24話 -最終回-
ziziさん、お久しぶりです。

今更ながらですが、一気読みさせていただきました。
すごくよかったです!
皆さんと同じように、中学生の頃のことを思い出しました。
私にも「ああ〜っ」と自分自身に頭を抱えて悶絶したくなるような記憶が、、、
当時の自分が作品中のジジ君ほど瑞々しい感性を持っていたかと考えると、もっとヒネていたような(汗)。

また、非常においしい役でちょろっと出演させていただきまして、うれしかったです。
「みずねむ」終了時に、「主役の須倉さんの恋人役で使ってください、ラブシーンOKです!」と猛アピールしたことを覚えていてくださったんですね。
ありがとうございます。

最新作もこれから拝見します。
GBUCには長くご無沙汰してしまったのですけれど、今後ともよろしくお願いします。
zizi
投稿日時: 2014-4-8 21:36  更新日時: 2014-4-8 21:36
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 Blue mirage ボツにしたエピソード
PCに残っていた未公開の没ネタです。ジジ少年が宮部先輩に嫉妬し、困らせようと思ってギターを盗んで捨ててやろと考える過激なエピソード案です。二学期の終わり頃に突っ込もうかとも思いましたがうまくストーリーに組み込めずボツとなりました。しかも書きかけで中途半端ですがせっかくなので載せてみます(笑)



-------------

あれから、ボクは何かに取り憑かれたように家にある父さんのPCで宮部先輩のバンドのライブの日を調べ、平日の水曜日夕方、「Kanders」へ今回は一人で行った。ボクは目的があってかなり早く着き、入り口の扉で様子を伺っていると、開店の準備に出て来た凪子さんと顔を合わせた。

「あれ?どうしたの?」
「え...いえ、ちょっとまた来てみたくなって、でも平日だし友達誘うのも悪いし一人で...」
ボクは出来るだけ平静を装い、明るく取り繕ったつもりで言った。
「そう、いよいよライブが楽しくなって来ちゃったかな?」
「あの...お願いがあるんです...ライブもですけど、ライブハウス自体に興味が出て来て...」
「うふふ。変わった子だね、キミは。今リハーサル中だよ」
「え...宮部先輩のバンドも?」
「えっと、彼のはもう終わってるかな」
「それで、あの...本当に厚かましいんですけど...中見せてもらっちゃダメですか?」
「う〜ん...キミ、ライブハウスに興味あるって...本当にそれだけかな?」

ボクはかなりドキっとしたけど、凪子さんはそう言いながらもボクを店内に案内してくれた。店内では最初に出演するバンドがリハーサル中だった。出演順と逆の順番でやるらしい。貫太郎さんが後方の少し高い所にあるミキサーの卓に座っていて、ボクがそっちを見てると気付いてくれて、お辞儀をしたボクに黙って頷いてくれた。凪子さんは親切にミキサー卓の廻りや、バックステージを案内してくれて、開店まで適当に見学しといてね、と言ってまた仕事に戻って行った。ボクはステージの横からリハ中のバンドを見て、裏側の方に廻ると楽屋だった。狭い部屋だったけど、ケースから出してある、スタンドに立てかけてある一本のギターにボクの目は釘付けになった。ボクなそれを見た時自分が何をしようと考えてここに来たのかを思い出して慄然とした。宮部先輩が使ってたギターだ!ボクの心臓が高鳴る。

これが無くなったらあの人困るだろうな...悪魔のささやきが聞こえる...

>ギターを抱えて抜け出そうとする
>凪子にみつかる
>凪子は事態を察するが察した事を気付かれないよう諭す
>強い自己嫌悪に苛まれる

-------------

こんなんでした。

他にもテキストは残っていないもののアイデア倒れはいくつかありました。いや〜しかし物語書くのってナカナカ難しいもんですね...
zizi
投稿日時: 2014-4-6 19:23  更新日時: 2014-4-6 19:23
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 Re[2]: 須倉先生へ
SCRAPSさんどうもありがとうございます〜!

ついに終わってしまいました。実は今回は割と早い段階で最後までのプロットが出来ていて、数話分書き溜めた状態でしたので「みずねむ」よりは楽でした。

中学生の頃ですよね...私も結構イヤな(自分に)思い出あります。女子に睨まれた事とか(懺悔)。それと同時にいろんな事に憧れたり夢見たりしてた時期でもありましたね。青春物は実は殆ど読んでなかったのですが連載最初の方で少し言ってましたが越谷オサムさんの本読んだらかなり面白かったです。お気に入りは「金曜日のバカ」に収録されている「星とミルクティー」です。私もホント年甲斐もなく...と言いつつ...

あ、ミッドウエー海戦の話はすみません。次もし書くとしたら厨二病ワールド全開のライトノベル風架空戦記でも書こうかなと思って(でも書ききれなさそうです)色々資料を掘り返していましたらつい書きたくなって(爆)。まああれです。要はあの海戦は結果的にぼろ負けだったのですが実は紙一重であったという事と巷の情報は100%鵜呑みに出来ないなという辺りです。

もしも万が一御興味あれば(もういいですかね)これの42:00辺りから御覧頂ければ...

http://www.youtube.com/watch?v=D3tiNvAG56k
zizi
投稿日時: 2014-4-6 19:05  更新日時: 2014-4-6 19:05
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 Re[2]: kankanさんへ
思えばあのジョボカトゥナイトでのコメントからが発端で、
kankanさんには最初から最後までお世話になりっぱなしでした。
改めて感謝です。ホントありがとうございました。

二人はここでお別れしてしまったワケですがこれから
どんな風に過ごしていくのか気になったりもしますが...

もしかしたらジジ少年はひきずってしまいますがアサミちゃんは
音楽に邁進、頭角を表します。青年になってもショボイままの
ジジは20歳頃大学入ったもののやめてフリーターかやってて
将来に悩み始めた頃アサミちゃんの演奏を町のどこかで
聴く機会があって励まされたりする事があるかもとか一人で
脳内で想像したりしています。

最後に彼らが見た青い蜃気楼は大人への階段の昇り口の扉で
あったのでしょうかね...

あ、また何かっすね、いや頭の中には色々あるんですが
どうにもボンヤリしてまして...この話の番外編とかみずねむの
戦後番外編とか次回作はライトノベル風にしようかとか(笑)
もしかなにかまとまったらまた書いてみようかと思います。

またその時は宜しくお願いします!
SCRAPS
投稿日時: 2014-4-6 16:21  更新日時: 2014-4-6 16:21
エージェント=スミス Part2
登録日: 2007-1-27
居住地: 宮崎市
投稿数: 973
 Re: Blue mirage 第24話 -最終回-
zizi監督、連載お疲れ様でした。
ついにまたこの作品も終わってしまいましたねぇ。

キラキラまぶしい青春の一コマ。
私は毎年、夏が近づくと何故か中高生の頃の想い出が蘇ってくるんですよね。
どうしてだか自分でも分からないのですが。

この作品を読んでいて、自分が中学生くらいの頃ってどうだったかな、と色々考えました。
ジジくんも、マコちゃんには随分な態度をしばしば取ってしまいましたが、私も女の子たちに随分酷い態度を取って傷つけてしまったなぁと、大人になってから恥ずかしくなって後悔することがたくさんありました。
今でもそんなに器用に立ち回れる方ではないですが、あの頃はまだ幼すぎて本当に不器用だったんだなぁ。

青春モノ、学園モノ、実は個人的に好きなジャンルなんですよね。年甲斐もなく(笑)
春の新番組はどんなのになるんだろうなぁ、楽しみw

※コメント欄で展開される、時に本編より力が入っているとも思われる戦争のお話はマニアック過ぎて全然分かりませんでしたが、情熱は感じていました。
kankan
投稿日時: 2014-4-6 11:17  更新日時: 2014-4-6 11:17
TheKanders
登録日: 2008-1-14
居住地:
投稿数: 2014
 Re: Blue mirage 第24話 -最終回-
そりゃないよ。
終わっちゃったんだぁ。
背中ぞみぞみしながら読んだっす。
別れって、ほんと、悲しくて寂しい。

じじは、アサミちゃんへの想いを胸に残しながら、
高校生になっていくんだね。
最後に見た青い蜃気楼は、生涯忘れられないんだろうなぁ。

いろいろ、惹起させてくれたドラマでした。
ほんとにありがとであります。
終わってしまうと、なんか寂しいっす。
また、何か始めてくんさいね。
zizi
投稿日時: 2014-3-28 22:26  更新日時: 2014-3-28 22:26
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3285
 御礼 & あとがき
ついに最終回を迎える事が出来ました。皆様長い間お読み頂き誠にありがとうございました。またこの場を御借りさせて頂いてGBUC運営の皆様、及び拙い文章い目を通して頂いた全ての皆様に感謝です。どうもありがとうございました。また、私事になりますが、奇しくも我が家では昨年の長男に続き次男が中学を卒業しました。さてさてこれからどうなりますやら...

という訳で...少年ジジとアサミちゃん、マコちゃんの物語はこれでおしまいです。大人への階段を昇り始めた彼達はこれからどんな人生を歩むのでしょうか。あと自分で言うのも何ですが、この音楽室にあった古い外国製のアップライトピアノは以前どこにあったのか...やアサミちゃんのお母さんは何故そんなにバンド活動を反対したのか...若かりし頃何かトラウマとなる様な事があったのか?自分の若い頃を思い出しながら色々想像を巡らすのもまた一興かと...

最後に多大なヒントを頂いた上に文章の一部を引用させて頂きましたkakan様、重要なインスピレーションを与えて頂いたAsako様、maco様には特別な謝意を感じております。大変お世話になりました。本当にありがとうございます。

関連楽曲はこちらです。(勝手にスンマセン)

Miragegazer/zizi【第ニ期OP曲】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15897&cid=1

Farewell/zizi【第ニ期ED曲】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15926&cid=58

She Was Briting/kankanさん【第一期OP曲】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15661&cid=8

春風 feat kayumai/zizi feat.kayumai【第一期ED曲】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15775&cid=58

Mr. DJ/kankanさん【【劇中挿入歌】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15560&cid=1

瞳の向こう- for Blue Mirage -/kankanさん【劇中挿入歌】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15770&cid=1

BLUE MIRAGE/Asakoさん曲ziziアレンジver 【イメージテーマ曲】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15470&cid=1


バックナンバーはこちらです。
http://gbuc.net/modules/d3diary/index.php?req_uid=2049&mode=category&cid=4

登場人物

ジジ:無気力な中学二年生。音楽室で隣のクラスの女の娘に一目ボレします。
アサミ:ジジの隣のクラスの女の娘。音楽室でピアノを弾いている。ジジと少しづつ心を通わすように..なるのか?
マコ:ジジの隣の席の女子。ジジとはいつもケンカばかりしている女子。天敵なのか...?
貫太郎:ライブハウス「Kanders」マスター。結構年配です。
凪子:ライブハウス「Kanders」スタッフ。アラサー位?の美人です。
ヤスオ先輩:ジジの先輩。バンド「Potmans」で活動中。現在大学生です。
ユーイチ:ジジの親友、学級委員の秀才。
須倉先生:ジジのクラスの担任の先生。あだ名はスクラップ先生。
なり子先生:教育実習の可愛らしい先生。(7話)
樋渡先生:教育実習のカッコいい先生。(7話)
宮部先輩:イケメンで音楽センス抜群。ジジ少年最大のライバル...なのか?
三好絵理香:宮部先輩のバンドのマネージャー役。二十歳そこそこ。
キム:貸しスタジオ「kimux」マスター。ウクレレが得意。

また、この物語はフィクションであり、登場する人物や団体の名称等は実在のものとは一切関係ありません。
アバター
«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アクセス数
1866647 / 日記全体
最近のコメント
RSS配信
zizi さんの日記



GBUC x Google
SEARCH
   検索オプション

  
GBUCアーカイブ
PAYMENT
購読料を受け付けています。
年額2000円。


銀行振込も受け付けております。詳しくはこちら
ライブスケジュール
予定なし
iChat
iTunes Store TOP100
ASSOCIATE LINKS
ユーザーおすすめ!

LOG IN
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

MAIN MENU

NEWS

NOW ONLINE...
37 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが ガレぶろ(BLOG) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 37

もっと...

LICENSE
creative commons lisence
当サイトの作品群は、
creative commons license
の下でLicenseされています。
当サイトのデフォルトCCは
表示ー非営利ー継承
です。

Apple User Group




SPONSOR


iPhone対応サイト