TOP  >  ガレぶろ(BLOG)  >  zizi  >  連載小説2  >  Blue mirage 第10話

zizi さんの日記

 
2013
11月 3
(日)
05:44
Blue mirage 第10話
本文
Blue mirage 


第10話


2013年 8月 -2


八月最後の日曜日。そろそろ皆宿題の事が気になってくるらしく、友達からの遊びの誘いも少なくなって来た頃。夏休み中最も楽しみにしていたイベントを心行くまで楽しみたかったので、万難を排する事にしていたボクは、余裕で宿題を片付けていた。そんなに優秀でないこのボクがだ。

今日はアサミちゃんのピアノの発表会だ。予定通りユーイチを誘ったけどあいつは吹奏楽部の支部大会の応援に行くって言って来なかった。どうせお目当ての女子でもいるんだろう。で、仕方なくボクはマコを誘った。アイツはそんな大事な事なんで早く言わんのやと文句を言いながらもノリノリで行くと言った。

発表会は少し小さめのホールで、受付で貰ったプログラムをパラパラと眺める。アサミちゃんの先生はこの街では一番の先生で、音大志望の人もいたりするらしい。最初は小さな子供から始まった。まだ幼稚園に通ってる位の女の子がキレイなドレスを着て一生懸命演奏していて、その姿をビデオカメラで真剣に撮影している親御さん達の姿が何だか微笑ましく感じられた。段々年長の生徒さんになって行く。休憩を挟んで中学生の演奏になる。でも、まだアサミちゃんは出て来ない。

二回目の休憩の後、ようやくその時が訪れた。舞台の袖から現れたアサミちゃんは見慣れた学校の制服でなく、綺麗な舞台用の衣装を身に纏っていた。彼女は高校生なんかを差し置いて最後から二番目に演奏した。生徒さんの中では模範演奏に近いんだろう。

舞台中央、ピアノの前まで進んだアサミちゃんはボクの...いや、客席の方に向かってお辞儀をした後、ピアノに向かい、一瞬気を鎮めた後、おもむろに演奏を始めたんだ。

曲目はこの前聴かせてくれた「舟歌」だった。学校の備品のイスではなく、ホールの立派な椅子に座って、グランドピアノで聴くアサミちゃんのピアノ演奏は、あの音楽室とはまた違った雰囲気で、ボクはすっかり酔いしれていた。やはり生で体験する音楽はいい...昨夜youtubeで見たグルダの演奏動画よりも今日のアサミちゃんのピアノの方が素晴らしかった。そう自分には感じられた。演奏が終わった時ボクの眼にはうっすら涙が浮かんでいた。今日はマコも居眠りしなかった。

「演奏も良かったけど綺麗なカワイらしいドレスやったね」
「あ、うん。そうだったっけ、演奏に気を取られてたから」
ボクも本当はいつもと違う衣装でとても可愛らしく思っていたのをおくびにも出さずに言った。そのつもりだった。
「何言ってんのや。バレバレやで...目が虚ろやんか」
「違ぇよ、これはあのピアノ、グランドピアノだし演奏がとっても良かったしホールの音も...」

アサミちゃんの演奏後、ホールの座席でマコとそんなヒソヒソ話してると、次の最後の演奏者が出て来た。

「宮部 雅夫」

その名前がアナウンスされると、ざわついていた客席の雰囲気がボクたちにも分かる位に一気に変わった。そして、誰もが注目する中グランドピアノの前で一礼した、宮部という最後の演奏者は、ヴェートーベンのピアノソナタ「熱情」を弾いた。その演奏は客席に居合わせた全ての人を圧倒させる程凄かった。こんなに弾ける人がこの街にいたなんて全然知らなかった。演奏終了後、万雷の拍手を浴びている端正な顔立ちの若い演奏者...少し髪が長いようだけど...まだ高校生くらいだろうか、その人はゆっくりとお辞儀をして下がって行った。

全てのプログラムが終了した後、ボクとマコはロビーに出てアサミちゃんの姿を探した。ちょうどロビーに出て来ていて他の生徒さんと話をしている所だった。少し離れた所で待っていると、ボクたちに気付いてくれた。

「ジジ君、マコちゃん。来てくれてどうもありがとう。とっても緊張しちゃったー」
「とても良かったよ、コイツも居眠りしてなかったし」
「余計な事言わんでや。でもホント。相変わらずすごいね」
「ありがと。でもまだまだ頑張んなきゃ」
「そのドレス素敵やね!コイツまだ見とれてんで」
「余計な事言うなよ!でもそれ....ホントにカワイイよ...」ボクは最後は消え入るような声で言った。
「ふふっ...どうもありがと。」
その時彼女はロビーをキョロキョロ見回してた。
「あっ、それじゃ、ちょっとまだ会場に残んないといけないから」
「あ、まだ忙しいんだよね。また学校でね!」
「それじゃ、またね」

彼女はそう言ってロビーの反対側に向かって小走りに走って行った。その姿を見送っていて初めてボクは気がついた。向こう側にはあの最後の演奏者がいたんだ。

「宮部先輩!」
「アサミちゃん、随分上手くなったよね」

そこまでは聞くとはなしに聞こえた。ボクは気になって、しばらくその場に突っ立っていた。マコがボクの腕を引っ張ってその場を離れたから、それ以上の内容は分からなかった。ただ、とても楽しそうに話ている様子にボクは少し胸が痛んだ。

ボクはこの時、心の中に染みのような物が出来た事を感じていた。



(閲覧:46422) |  (好きボタンポチっと数:)
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
zizi
投稿日時: 2013-11-10 5:41  更新日時: 2013-11-10 5:42
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3247
 それはおそらく入間基地航空祭です
どうもありがとうございます〜!写真は...正直に晒しますと私のカメラはSonyのα300、使用したレンズは何とミノルタ時代の安い75〜300mmズームで結構暗いです。こういう所には白い(F値の小さな明るいヤツ)バズーカ砲みたいなレンズを装着した方がたくさん来場してて羨ましい限りです(笑)

先週というと入間ですね。首都圏から最も近いからでしょうか、おそらく基地祭で最多の来客数だそうで、報道によると32万!?こりゃすごい。メッチャ多いと思ってた築城でも8万人なのに...この集客は凄いですね。しかも時間ってせいぜい3時には終わるイベントですよ。

ブルーインパルスと言えば印象に残ってるのが長野オリンピックの開会式です。

http://www.youtube.com/watch?v=qGj_6qJdsSw

小沢征爾が指揮する世界同時遠隔シンクロ演奏による第九。言うてもクラシックの実演奏ですからね、多少の時間の前後はあると思われるのに、演奏が終わり最後の音が鳴った後、完全なタイミングで会場上空にスモークを引きながら進入、ブレイク。鳥肌が立った瞬間でした。

まあどう受け止めるかはあれです、語り出すと本物の巨匠のように後付けの理屈で自己正当化してしまい、しかも長くなりますのでここでの言及は避けます(笑)

大洗、是非行っちゃって下さい(距離関係が良くわからず言ってます)。五人揃うようじゃないですか、私も見たい(笑)。あ、コミック1巻見たのですが、確かに絵がちょっとアレですね。絵的には個人的にはアンソロにも含まれてましたがリトルアーミーの人が一番好きです(何の話か)
potman2
投稿日時: 2013-11-9 20:13  更新日時: 2013-11-9 20:13
ターミネーター
登録日: 2010-5-23
居住地: 東京
投稿数: 1451
 Re: Blue mirage 第10話
いい写真ですなあ。
先週の朝、ウチのそばの新青梅街道下りがいやに混雑してるなあと
思ったら、航空祭があったんですね。

こんな混雑は今までなかったし、通勤電車(西武線)でも宣伝していて、
ともかく陸海はもりあがってるみたいです。
これをどう受け止めるかは色々ですが、個人的には来週大洗に行こうか、
どうしようか思案中であります。ニコ生でもやるという情報もあるし。
zizi
投稿日時: 2013-11-8 23:53  更新日時: 2013-11-8 23:55
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3247
 築城基地航空祭2013
掲載の写真について説明です。

10月27日、航空自衛隊築城基地で行われた航空祭に行って参りました。「Blue」繋がりで「Blue impulse」の写真です。航空祭は...数年おきくらいで行ってたのですが、行くのは結構気合い必要で混雑もの凄いし正直もういいか...と思ったりしてたのですが今年はドラマ「空飛ぶ広報室」の影響もあり血が騒ぎました。早朝5時には家を出て7時15分位に到着しましたが既に結構な人出、かぶりつき(Blue impulseの機体が駐機してある真ん前)の席は諦めます。で、最前列のかなり左端の方前列の席を確保、写真を撮りましたので本編小説の「付録」としてしばらく掲載して行こうと思います。今回は左から

1.離陸する1〜4番機(端っこでも最前列を確保した甲斐ありました)
2.1のダイヤモンドテイクオフからダーティターンで会場正面から進入して来た所
3.全ての演目を終え、着陸後タキシングする六機。かるがもみたいでカワイイです。

でした。私は写真は素人で機材もボロなので出来は悪いですがもしも万が一アートワークなんかで使ってみようという方いらっしゃいましたらご自由に御使用下さい。それでは失礼致します〜
zizi
投稿日時: 2013-11-3 5:46  更新日時: 2013-11-3 9:28
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3247
 あとがき
ふう...ようやく関連楽曲を自分でアップする事が出来ました...(kayumai様本当にありがとうございました!)そしてついに登場しました。雅...ではなく宮部先輩。ビジュアル系アーティスト風のルックスを持つイケメン高校生です。アサミちゃんと同門のピアノの達人で音楽センス抜群、ジジ少年最大のライバルとなるのか?と言った所ですが、この登場人物の候補としてドラムとピアノが得意な「吉木先輩」にしようかとか迷ってAsako様に御相談致しましたら「宮部先輩」がツボだとの事で即座に決定しました(笑)。今後どのように絡んで来るのか...それでは季節は夏休みを過ぎ、秋へと向かいます〜。

あ、最後に掲載している写真については長くなるのでまた別に御説明致します〜

関連楽曲はこちらです。(勝手にスンマセン)

She Was Briting/kankanさん【第一期OP曲】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15661&cid=8

春風 feat kayumai/zizi feat.kayumai【第一期ED曲】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15775&cid=58

Mr. DJ/kankanさん【【劇中挿入歌】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15560&cid=1

瞳の向こう- for Blue Mirage -/kankanさん【劇中挿入歌】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15770&cid=1

BLUE MIRAGE/Asakoさん曲ziziアレンジver 【イメージテーマ曲】
http://gbuc.net/modules/myalbum/photo.php?lid=15470&cid=1


バックナンバーはこちらです。
http://gbuc.net/modules/d3diary/index.php?req_uid=2049&mode=category&cid=4

登場人物

ジジ:無気力な中学二年生。音楽室で隣のクラスの女の娘に一目ボレします。
アサミ:ジジの隣のクラスの女の娘。音楽室でピアノを弾いている。ジジと少しづつ心を通わすように..なるのか?
マコ:ジジの隣の席の女子。ジジとはいつもケンカばかりしている女子。天敵なのか...?
貫太郎:ライブハウス「Kanders」マスター。結構年配です。
凪子:ライブハウス「Kanders」スタッフ。アラサー位?の美人です。
ヤスオ先輩:ジジの先輩。バンド「Potmans」で活動中。現在大学生です。
ユーイチ:ジジの親友、学級委員の秀才。
須倉先生:ジジのクラスの担任の先生。あだ名はスクラップ先生。
なり子先生:教育実習の可愛らしい先生。(7話)
樋渡先生:教育実習のカッコいい先生。(7話)
宮部先輩:イケメンで音楽センス抜群。ジジ少年最大のライバル...なのか?

また、この物語はフィクションであり、登場する人物や団体の名称等は実在のものとは一切関係ありません。

それではまた次回。
アバター
«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アクセス数
6888402 / 日記全体
最近のコメント
RSS配信
zizi さんの日記



GBUC x Google
SEARCH
   検索オプション

  
GBUCアーカイブ
PAYMENT
購読料を受け付けています。
年額2000円。


銀行振込も受け付けております。詳しくはこちら
ライブスケジュール
予定なし
iChat
iTunes Store TOP100
ASSOCIATE LINKS
LOG IN
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

MAIN MENU

NEWS

NOW ONLINE...
173 人のユーザが現在オンラインです。 (158 人のユーザが ガレぶろ(BLOG) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 173

もっと...

LICENSE
creative commons lisence
当サイトの作品群は、
creative commons license
の下でLicenseされています。
当サイトのデフォルトCCは
表示ー非営利ー継承
です。

Apple User Group




SPONSOR


iPhone対応サイト