TOP  >  ガレぶろ(BLOG)  >  zizi  >  連載小説2  >  Blue mirage 第2話

zizi さんの日記

カテゴリー [連載小説2] 
 
2013
8月 11
(日)
07:29
Blue mirage 第2話
本文
Blue mirage 

第2話

2013年 4月 -1


桜の花はもう散ってしまって、クラス替え直後のそわそわした教室の雰囲気も落ちついてきた頃。中学二年生になって一週間後、部活を辞めたボクは無気力だった。

「ジジ、ちょっと来い」

終礼が終わって、ボクは担任の須倉先生に呼ばれた。授業中居眠りしてたから怒られるんだろう。
「じゃ。生徒会の仕事あるから。また後でな」
悪友で学級委員のユーイチが声をかけてくれた。
「大丈夫、たいした事じゃないから」
そう応じたものの、ため息が出る。ヤツはボクと違って頭も良く、ギターが上手くて教えてもらったり、一年生の頃はよく一緒に遊んでいたんだけど、二年生になって生徒会活動もやるようになり、塾にも通ってるから最近あまり一緒に遊べなくなって来た。だがユーイチなりにボクの事心配して声をかけてくれたんだろう。ボクは席を離れ、スクラップ...あ、これは須倉先生のあだ名で皆こう呼んでる。そのスクラップ先生の前に立つと説教が始まった。

「ダメだろあんなに堂々と居眠りしちゃ。遅くまで何かやってるのか?」
「はい…すみません。その…ラジオ聴いてて…」
「オマエ最近ボケっとしてるぞ。吹奏楽部に戻る気は無いのか?伊沙子君言ってたそうだ。ジジは戻んないのかって」
「それはもう…そのつもりはありません」
一年の時同じクラスだった伊沙子の部活への本気度は凄い。一生懸命やってるし音楽的センスも優れてるからいずれきっとコンミスにでもなるだろう。
「オマエ、もう音楽はやらないのか?」
「…音楽は好きですけど…部活でってのはちょっともう…あっ、合唱部は勘弁して下さいね、だって男子いないじゃないですかぁ」
ボクはてっきり合唱部に入部を勧められるかと思って先手を打った。しかしこの時、スクラップ先生は三階の教室から隣の校舎の一階の隅に一瞬、視線を走らせただけだった。
「そうか…仕方ないな。分かった、もう言わないからもっとシャキっとしろ。居眠りの罰として教室のゴミ片付けてゴミ置き場まで持って行って来い」
「はい。わかりました」
ボクはスクラップ先生の嘆き節が聞こえる教室をノロノロと後にした。

そして、この後...ボクにとっての大きな事件が起きた。

家に帰ってもボクの胸は高鳴り、この時の出来事を誰かに伝えたくなって、かと言って学校の友達や両親には話すワケにも行かず、いつも聴いている「kankanラジオ局」にメッセージを送った。この番組のDJ,kankanさんとドモンジョさんはサイコーだ。

//

DJ.kankanさん、ドモンジョさん、こんにちは。リスナーのジジと申します。中二です。番組いつも楽しく聴いてます。

今日、とても素敵な出来事がありました。昨日夜遅くまでラジオ聴いてたから、居眠りしちゃって先生に怒られて、罰として放課後教室掃除を一人でやらされたんです。で、片付けが終わってゴミ捨てに行って、音楽室の前を通ったら綺麗なピアノの音が聴こえてきたんです。何故だかわからないけど、その音はこう...凄くボクの心を掴みました。

誰が弾いてるんだろう?と思って中を覗いたら、前に見かけた事のある隣のクラスの可愛い女の娘が弾いてたんです。まだ名前も知らないんだけど...ついゴミ捨てを忘れて見とれていたら、通りかかった先生に「何してるんだ!」って怒られて。大声で叱られて、気になってチラっと音楽室を見たら、あの娘も気づいてこっちを見てて。クスっと笑ってました。でもその笑顔がとても可愛くて素敵でした。

実はボクも子供の頃少しだけピアノを習ってました。練習が嫌ですぐ辞めちゃったけど…だけどクラシック音楽は今でも好きで、最近ラジオ聴くようになってロックやポップスも好きになって来て、最近よく父さんが持ってる古いロックのCD聴いたりしています。フォークギターも中学生になった時買ってもらって、持ってるけど...ごめんなさい、最近全然練習してません。でも、でも今日あの娘のピアノを聴いて、あの娘と同じ趣味を持ってるんだ、と思うだけで何だか楽しくなって来ました。音楽って本当に良いもんですね!

でもその娘の事を考えると動悸が早くなって少し息苦しいような感じになるんです。これって病気なんでしょうか。もしかしたら胸の病気にかかっているんでしょうか。教えて下さい。

それではまた、楽しい番組を聴かせて下さい!

//

こんな感じ。そしたら番組でこのメッセージが読まれたんだ!DJ.kankanさんとドモンジョさんのボクへのメッセージはこうだった。

//

動悸。それは、胸に住んでいる木こりさんが木を切っているのです。
あなたの本当の心の木を、あなたに見せるために、周りの木を切っているのです。

でも、あなたが歪んだら、木こりさんは、本当の木も切ってしまうかも知れません。気を付けてね。

//


この時、ボクはただあの娘のピアノが聴けたらそれで良かった...


(閲覧:16539) |  (好きボタンポチっと数:)
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
zizi
投稿日時: 2013-8-14 5:52  更新日時: 2013-8-14 5:53
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3269
 拝啓ドモンジョ様
(御説明:鈴木と佐藤は監督助手です)

今年の夏は暑い。スタジオもとにかく暑い。

zizi監督「お前ら。今年の夏は暑すぎる。何とかしろ」
鈴木「そ、そんな事言われたって...」
佐藤「監督、アイスでも買って来ましょうか?」
zizi監督「そうだな、じゃオマエ三個買って来い。オレが奢ってやる」
鈴木「え?珍しいですね、監督が我々に奢ってくれるなんて」
zizi監督「珍しいは余計だ。ホレ」

佐藤、監督が出した1000円札をおしいだき、ひとっ走り。やがてコンビニ袋を下げて帰って来た。

佐藤「監督、どうもありがとうございました。いただきま〜す」
zizi監督「き。貴様....なんだよこれ!」
鈴木「え?どうしました?」
zizi監督「何でハーゲンダッツなんて買ってくるんだオマエ!いくらすると思ってるんだ!普通ここはガリガリ君だろうがよ!」

あまりのセコさに辟易し、難儀している所に監督のホットラインが鳴った。

zizi監督「ハイ。もしもし。ああ、ドモンジョさん?ええ...ええ、今回はホント感謝してますよ。いやいやドモンジョさんいつも面白い事ばっかり言ってありますがナカナカの才媛ですな...いやご謙遜を...え、ええ、いつか一緒に夜明けまで飲み明かしましょう。ええ、約束です。それじゃ、今回はどうもありがとうございました。ハイ」
鈴木「誰です?」
zizi監督「ん?ドモンジョさんとDj.kankan氏だ。スタッフと一緒に飲んでるらしい。あ、それの請求書来たら...」
佐藤「わかってますよ、いつものように一旦受け取っておいて後で書留で送り返すんですね」
zizi監督「いや...ウチで持ってやるんだ。」
鈴木「ど、どしたんです?らしくないじゃないですか。いつもの腹黒さは...」
zizi監督「どういう意味だ。いいか、勘違いすんな。あの二人がいなかったら今回の物語は生まれなかった」
佐藤「はい。そうでしたね。ドモンジョさんには感謝ですね」
zizi監督「それにだ。彼女なら...色々...局のアナウンサーとかレポーターとか知り合いかもしれんだろ。飲み会に連れて来てもらうんだ」
鈴木・佐藤「じぇじぇじぇ〜!」
kankan
投稿日時: 2013-8-13 23:05  更新日時: 2013-8-13 23:05
TheKanders
登録日: 2008-1-14
居住地:
投稿数: 2003
 Re: Blue mirage 第2話
あっ。やめろ。ドモンジョ。よせ。

Jr.じじ元気ぃー。ドモンジョ、酔っちったぁ。

だから、これはJr.じじじゃなくて、zizi監督直通だって。

「Blue mirage 第2話」に出演したってんで、そのお祝いだって。
スタッフ共々、バーで乾杯したわけさ。

もう、ドモンジョが有頂天になっちゃって大変。
「私の青春返せ」とか訳和なんないこと言い出すし。

このお祝いの飲み代、じぇんぶkankanなんだよ。
zizi監督、請求書、まわすからね。

何はともあれ、祝祝祝っとやっております。

ドモンジョよん。やっちおります。ぎゃははっ。
zizi監督となら、一夜でも。。。

やめろって。(ドモンジョ:あぐあぐっ)
そんじゃ、監督。また、ゆっくりと。。。
zizi
投稿日時: 2013-8-13 9:17  更新日時: 2013-8-13 9:17
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3269
 Re[2]: スクラップ先生へ
どもども!早くも担任、須倉先生登場です。

中学生時代..私は吹奏楽部だったのですが、当時の部は全然人数も少なくてコンクールなんてとても出られずに特に一生懸命やってたワケじゃなかったです。私の入部も自らではなく、先生に薦められて迷ってたら(田舎だったので私がピアノ習ってた事担任が知ってるんですな)その時いた友人がオレも入るから一生に入ろうを誘われてという消極的理由で。どちらかというとビートルズとかにハマってて級友のビートルズ好きのヤツとレコード貸し借りして聴いたりしてました。

吹奏楽部やクラシックにハマったのは高校生になってからでしたね〜。高校生時代は洋楽のロックとクラシックを半々に聴いて、大学生になるとクラシックに関心が行ってロックすら聴かなくなり、この80年代前半の洋楽黄金時代を聴かずに過ごし超有名なヒット曲を全然知らなかったりするという...私はとてもアンバランスなヘンなヤツなんです(爆)

あ。今回は...殆ど主役級三人を中心に進みますので、他の方の登場は実はかなり少ないのですが...須倉先生は30代独身のヤモメ男の設定です。やや偏屈な所はありますが、生徒思いです。

>また妄想スピンオフ書いちゃうかもしれませんww(そんなに登場しないのかもしれませんが)
>またこのお話をネタに1曲作りたいなぁ。

実はアサミ、ジジ、マコ以外の人物の登場が少ないので、スピンオフでも関連楽曲でも書いて欲しいと思っておりました。二次創作大歓迎です。妄想が盛り上がったら是非!
SCRAPS
投稿日時: 2013-8-12 7:12  更新日時: 2013-8-13 22:48
ターミネーター
登録日: 2007-1-27
居住地: 宮崎市
投稿数: 1334
 Re: Blue mirage 第2話
も、もう2話が!!
早いですねぇ。しかも今回スクラップ先生初登場じゃないですか。
もうちょっと話が進んで先生のキャラがつかめてきたら、また妄想スピンオフ書いちゃうかもしれませんww(そんなに登場しないのかもしれませんが)

中学生時代をなんだか思い出してしょっぱい気分(いや普通ここは甘酸っぱいでしょうかw)になっちゃいますね。
中学生といえば私は初めてのバンドを組んだ頃です。中1の秋まで野球部で、新人戦に出てからどうも体育会系が肌に合わないと気づいて、突然「今日から文化系」宣言をしてSCRAPS、部活やめるってよ、っていう流れだったんですよ。中学時代はそのまま帰宅部キャプテンとして過ごし、高校時代は美術部でした。実は高校でしつこく吹奏楽部に勧誘されて入ったんですが、ここもまた体育会系のノリに付いていけなくて一日でやめました(笑)

おっとっと、またついつい勝手に自分語りしてしまいました。スミマセン。
またこのお話をネタに1曲作りたいなぁ。(←メイワクなw)
zizi
投稿日時: 2013-8-11 7:41  更新日時: 2013-8-11 7:41
登録日: 2008-4-25
居住地:
投稿数: 3269
 あとがき
今回よりいよいよ本編に入り、日時は2013年4月へと移り、ヒロインのアサミちゃん登場です。

第2話最後のDJkankanさんのラジオ番組からのメッセージ。この文章はkankanさんの創作で、その文章をそのまんま使用させて頂ました。誠に感謝致します。もしかしたら...この応答がなかったらこの物語は思い付かなかったかもしれません。本当にどうもありがとうございました。

次回は...物語の重要人物となる「マコ」ちゃん登場です。ここで一つお話しておきたい事があります。この物語中で「ジジ」は設定と必要上「マコ」に対して結構ヒドい扱いをします。からかったりウソついたり暴言を吐いたりこづいたりします。「マコ」ちゃんと言うとフィクションとは言えどうしてもユーザーmacoさんの事を連想してしまいますが、この扱いについては事前に御相談し、了承を頂いた上で書いておりますので、ご理解頂けますようお願い致します〜。




第1話はこちら。


登場人物

ジジ:無気力な中学二年生。音楽室で隣のクラスの女の娘に一目ボレします。

アサミ:ジジの隣のクラスの女の娘。音楽室でピアノを弾いている。ジジと少しづつ心を通わすように..なるのか?

マコ:ジジの隣の席の女子。ジジとはいつもケンカばかりしている女子。天敵なのか...?

貫太郎:ライブハウス「Kanders」マスター。結構年配です。

凪子:ライブハウス「Kanders」スタッフ。アラサー位?の美人です。

ヤスオ先輩:ジジの先輩。バンド「Potmans」で活動中。現在大学生です。

ユーイチ:ジジの親友、学級委員の秀才。

須倉先生:ジジのクラスの担任の先生。あだ名はスクラップ先生。

相変わらずヘタな予告編動画はこちらです。

http://gbuc.net/modules/xootube/


また、この物語はフィクションであり、登場する人物や団体の名称等は実在のものとは一切関係ありません。

それではまた次回!
アバター
«前の月次の月»
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アクセス数
4204044 / 日記全体
最近のコメント
RSS配信
zizi さんの日記



GBUC x Google
SEARCH
   検索オプション

  
GBUCアーカイブ
PAYMENT
購読料を受け付けています。
年額2000円。


銀行振込も受け付けております。詳しくはこちら
ライブスケジュール
予定なし
iChat
iTunes Store TOP100
ASSOCIATE LINKS
LOG IN
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

MAIN MENU

NEWS

NOW ONLINE...
78 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが ガレぶろ(BLOG) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 78

もっと...

LICENSE
creative commons lisence
当サイトの作品群は、
creative commons license
の下でLicenseされています。
当サイトのデフォルトCCは
表示ー非営利ー継承
です。

Apple User Group




SPONSOR


iPhone対応サイト